引越しソバって今でもあるんだろうか

「引越しソバ」というものとは新居に引越しをした時に周辺の家の人々への挨拶として配って回るものです。

一度、わたしももらったことが以前、あります。

細長いソバのように、末永いご縁をこれからもどうぞよろしくお願い致します。

という感じの意味合いが込められたものだそうです。
住み替えをする上で最も気にかける事案は、その費用だと思えます。

近年は、一度の見積もり等、充実してきており、その中で一番安価な引越し業者を選ぶ事もいくらもあるでしょう。ただ、価格が安いということだけに捉われていると、サービスのクオリティーが疎かになるので、十分な注意や見定めが必要です。単身赴任の宮城県への引っ越しを先日行ったのですが、その際に、業者さんへお渡しする心付けをどのくらいの金額にしようかと家内と少し、相談しました。
引っ越しといっても大掛かりなものではなく作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、全部で一時間と少しの作業でしたから、結果としては2人にペットボトルのお茶を渡したくらいで心付けを渡すことはしませんでした。
長年の思いだった戸建ての住居を購入しました。

宮城の引っ越しの以前に、それぞれの室内ににクーラーを取り付けなければなりません。
必要なクーラーの数は四つ、なかなかの支出です。それでも、大きな家電量販店で一度に四つ買うからと懇願すると、結構な割引をしていただきました。予定していた料金よりも、はるかに安くすみました。

関連:宮城県の安い引越し 簡単にできる引越業者探し