妊娠のために食べたい物とは

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に必須の栄養が多いので、意識して食べたい食品に入ります。

また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的な食生活というのに変わりはありません。

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は今しばらくは我慢するべきでしょう。卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。

葉酸単体での吸収率は低いために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、総合サプリを選んでみることをおススメします。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。

それは不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、気をつけましょう。