どのタイプのインプラントが自分に合ってるのか

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。